できなくても落ち込まなくていい目標設定の仕方

目標設定 Feb 14, 2019

高すぎる目標を掲げ、達成できなくて落ち込む人がいます。
今日はそんな頑張り屋さんのあなたに、落ち込まなくていい目標の設定についてお話しします。あなたが個人起業家として一人で頑張っているならぜひ読んでくださいね。

あなたは真面目で、ストイックで、プライドが高くて、頑張り屋さんですか?
「そんなことはない」という人でも、結構頑張り屋さんだったりします。

かつての私もそうでした。
営業マンだった頃、朝から晩遅くまで働き、休日出勤までしていました。
営業成績はトップでしたが、ある日突然ポッキリ心が折れてしまいました。

それは、常にトップを目指し、頑張りすぎていたんです。
いつも気持ちに焦りや不安がありました。
たとえ成績がよくても。

そしてどこか自分で自分を認めていなかったように思います。

高い目標を掲げて、それを達成できなければ満足できず、いつも満たされない思いでした。それは、売上などの結果だけではなく、やらなければいけない業務や、営業活動においてもそうでした。

本当はもっとやれるはずなのに、できていないから自分で許せない。

ある日突然、会社に行けなくなるまで、ずっと張り詰めた緊張の中で生きていたように思います。
成績がよくても、売上が上がっていても、幸せじゃなかった。

大事なことは、幸せなことだと思います。
私は今、「大切なことを大切にする生き方」が信条です。

たった今幸せじゃなければ意味がない。

もしあなたが、かつての私のような状況なら、ぜひこのことをお伝えしたいです。

 

知っておくべき二つの目標

目標には結果目標と、行動目標があります。

結果目標とは、結果的に得られる目標で、コントロールできません。
体重を5kg落とすや、
売上目標や契約件数、集客人数などです。
相手のあることだったり、条件をクリアする必要があることなので、こちらはコントロールできないですよね。(痩せることはできても5kg落ちるかどうかはわからない)
あくまで結果的に得られる目標です。

行動目標とは、結果を得るためにどれくらい行動するのかという目標で、コントロールできます。
5kgダイエットするために、毎日10kmジョギングするや、集客するために、毎日メルマガを書く、などもそうですね。

まず目標には2つの目標があることを理解することです。

コントロールできない結果目標が達成できなかったからといって、落ち込む必要はないのです。
それよりもそのために必要な行動ができたかどうかが大事ですよね。

しかし、本来コントロールできるはずの行動目標を行動できず落ち込むことはよくあります。

それはなぜか。

 

そもそも、その目標楽しい?

あなたの結果目標(つまりは売上目標など)は、楽しい目標ですか?

達成することを考えたらわくわくしますか?
もし「達成しなければならない」や、「全く現実味がない」なら、そもそも目標設定の仕方を間違えているかもしれません。


達成しなければならないという目標は、コントロールできないことなのに失敗を許さないという無理があります。
そして、そんな状態では相手に無理矢理売りつけてしまうかもしれません。
「しなければならない」となっているなら、要注意です。
あなたにとっても、お客様にとっても幸せではありません。

また全く現実味がないという目標は、そもそもそこを目指すことすらしていないかもしれません。
それでは当然、結果的にも達成できると考えること自体難しく、楽しいとはなっていないと思います。

まず得たい結果となる結果目標の設定を正しくしなければいけません。
得たい結果があるからこそ、そこにたどり着くための行動目標が設定できます。
その結果目標が楽しい目標であることが大事です。

では、なぜ楽しい目標設定をする必要があるのかをお話ししますね。

 

なぜ楽しい目標設定にする必要があるのか

「楽しい」目標設定にする必要があるのは、一つは落ち込まないためです。
そして大事なことは、行動を長期的に進ませるためです。

行動せずにいられなくなるのは次のどちらだと思いますか?

・不安や恐怖
・理想や楽しいこと

いわば「飴とムチ」と言えます。

 この場合、「不安と恐怖」なんです。
じゃあ「楽しい」目標設定じゃダメじゃないか、となりますよね(笑)

ちゃんと理由があります。

かつて私もこの不安と恐怖のエネルギーで、行動していました。
行動しているからこそ、結果目標もなんとか達成したりしていました。

しかし、この不安や恐怖という動機付けは、短期的なものには効果的です。

人は得ることよりも失う方が嫌なんです。
「これを達成したら1万円あげる」よりも
「これを達成できなければ1万円払わなければならない」の方が、人は行動せずにはいられなくなります。

詐欺でもこの手口は使われています。
「手続きをしないと還付金が受け取れなくなります。」という詐欺の手口に行動してしまうのもこのためです。

しかし、長期的にはこの動機は長続きしないのです。
そして、私はある日突然会社に行けなくなってしまった。

だから安心してください。

楽しくていいんですよ!

 

楽しい目標設定の仕方

設定にコツがあります。

・具体的であること
・少し背伸びした目標であること
・数字など計測できること
・それを達成できたらリアルに喜べる現実的な内容であること

そして大事なのは
恋い焦がれる理由があること

なぜその目標を達成したいのかという理由があることです。
そして決して「ねばならない」ではなく「欲しい」という欲求です。
だから目標に恋い焦がれると表現しています。
大好きなあの人に恋したように、目標に恋しちゃいましょう。

たとえ失恋しても、次の恋が待っているので落ち込まず何度も恋しちゃいましょう。

恋い焦がれる目標ができたら、今度はその恋を射止めるための作戦を立てます。
それが行動目標です。

この行動目標ができなくて、落ち込む人がいるという話をしました。
では、具体的にどうすればいいかお話しします。

 

 頑張りすぎて落ち込むくらいなら、頑張るな

 

落ち込んではいけないという話をしました。
しかし実際には、行動できなくて落ち込んでしまう場合があります。

得たい結果を手に入れるためには、「行動しなければいけない」と、ここでも「ねばならない」となってしまうことがあります。

そして行動できなかったら、自分を責めてしまい「もっと頑張れるのに、頑張っていない」と自己嫌悪になってしまいます。

Facebookの投稿をしなければならない
ブログを書かなければならない
メルマガを送らなければならない
動画を撮らなければならない

でも、実は大切なことを大切にしようと思えば、稼働できる時間や状況によっては、高い行動目標になってしまっている場合があります。

それは、子どもや家族との時間だったり、自分の時間だったり、休んだり、遊んだりすることだってするわけです。

もし、「そのどれかを削ってこそ、幸せを勝ち取れるんだ!」とあなたがいうなら、私はそうではないというだけです。

たった今も幸せでいたい。

だけど、やるべきことをやらないとは言ってません。

もちろん優先事項を優先したり、集中してやることだったり、効率化できることはあったとしても、それがそもそもできないことだってあるわけです。

そこで私の提案は、行動目標に、三段階のラインを持つことです。

それは優、良、可の三段階。
楽々クリアできる、これさえクリアしてたら、まず「よし」という「可」のライン。
お!わたし、いい感じ!可のラインを超え、プラスアルファできた、という「良」のライン。
そして、すごーい!思ってた以上にできた!という「優」のライン。

 優先すべきことを優先して、その上で、限られた稼働できる時間の中で、まずは「可」のラインをクリアできれば、「よっし!」でいいのです。

 「落ち込む」というのが一番いけない。
エネルギーを与える人は、エネルギーを落としてはいけない。

落ち込まない工夫を持つことが大事です。

かつて頑張りすぎてある日突然会社に行けなくなった私が、あなたに伝えたいこと。
落ち込まなくていい、楽しまなくっちゃ、ということ。

その経験があったからこそ、私は起業2ヶ月で成果をあげることができ、今は自由なライフスタイルを手に入れて毎日楽しく仕事ができています。

ぜひ、あなたも大切なことを大切にする生き方、仕事をしてくださいね。

大切なことを大切にする最短最速起業を学びたい方はこちら

現在、私は最短最速起業のコンサルタントとしてお仕事をさせてもらえることになりました。個人起業家で、起業したけどなかなか成果を出すことができない人や、起業したいけど何からやっていいかわからない人、または起業して何年もたつが、いまだに売上が安定しない人たちへ、起業して最短で成果を出し、継続して売上をあげるためのプログラムを提供しています。

もしあなたが悩んでいるなら、私が最短最速で成果を出したことをまとめたガイドブックをぜひご覧ください。

電子書籍を無料でダウンロードする

落ち込まなくていい、のヒントがありますよ。

Close

最新のZOOM集客ガイドブックを
無料でプレゼント!

以下にメールアドレスをご入力頂き、今すぐご覧ください!